肝臓は、お肌と密接な関係を持って

スキンケアのスペシャリストになりますよ!
■HOME >> 肝臓は、お肌と密接な関係を持って

肝臓は、お肌と密接な関係を持って

肝臓は、お肌と密接な関係を持っています。沢山の血管が肝臓には集まっており、血液をとおして体内に入った物質や産生された物質を代謝・分解することで、有害な物質を解毒する役割を果たしています。肝臓のはたらきが阻害されると、老廃物(代謝などによって生じた体にとって不必要なものです)・有害物質が再び全身の血管を流れ、それが肌荒れやくすみを引き起こしてしまいます。
日頃から肝臓の調子に気を配ることがお肌の健康を維持するために必要なことなのです。


テレビで芸能人の肌なんかを見たら全くシミのない美しいものですよね。でも、やはり人間は人間ですから、本当のところは、肌の不調持つきものなのです。むろん、人目に触れてなんぼの世界なので、一般の方とは比べ物にならないくらい、その問題には気にかけているのではないでしょうか。その方法から学んでみると、日々の肌のお手入れに生かせるかも知れません。

健康的で充分な水分を含んだ肌のキメは、細かくて美しいものです。この「キメ」とは、肌の表面上を網羅する細い線である皮溝と、皮溝が区切る皮丘という部位でつくられた模様のことを指します。
よくいう「キメが整った肌」は皮丘大きさの違いがあまりなく整然とよく揃っています。
ところが、皮膚組織のうち、一番表面の位置にある表皮が水分を失い、乾燥しきって荒れてしまうと、皮丘はその形を乱し、キメは崩れてしまいます。荒れてしまった表皮では、ちゃんとしたバリアにならないので、表皮が覆う真皮もその内傷つくことになります。皮膚の土台としての真皮が弱ると、支えを失った肌がシワになり、たるみをつくることになります。

洗顔を終わらせた、その後の10秒間はコツコツスキンケアを続けている人にとっては特に、大変大切な時間だということを覚えておきましょう。


お風呂、あるいやシャワーの後だったり洗顔フォームや洗顔石鹸などで、しっかりと洗顔をした後の肌は、いわば、いくらでも水を吸い込む砂漠のような状態にあります。



短いですがとても貴重なこの時間に何もしないでいるのはあまりにも惜しいことで、そんな大切な時に何もしないのは「肌にとって罪だ!」と言いたくなるほどです。

洗顔を終えたら、タオルでさっと水気をとるくらいにして、たっぷりと肌に化粧水を与えてあげると良いでしょう。肌のシミ対策に有効な飲み物と言えば、美肌効果のあるローズヒップティーです。同じくビタミンCが豊富なことで知られるレモンと比べ、約20倍越えのたっぷりのビタミンCが摂取できる飲み物で体の中から退治したいメラニンに効き、その上、お肌のハリにかかせないコラーゲンの生成を盛んにしてくれるため、シミ、そばかすを抑え、肌に輝きを取り戻してくれるのです。


体の内側の酸化の対抗力にも優れていて、肌年齢の若返りに期待できるでしょう。

皮膚にできたシミを気にしている人持たくさんいらっしゃる事でしょう。

お肌のシミを目立たなくするのに効き目があるという食物の一つにはちみつがあげられます。あまり知られていないかも知れませんが、ハチミツの成分には色素沈着したところが目立たなくなる効果があり、お肌に沈着した色素、言い換えると、シミ、そばかすなどを目立ちにくくしてくれるでしょう。



お肌のシミが悩みの種とおっしゃる方ははちみつをお奨めいたします。試しに買ってみてはいかがでしょう。
一般的に、肌のシミの犯人といえば紫外線ですが、ホルモンバランスの乱れもまたシミに大聴く影響しているということをご存じでしょうか。


実例の一つと言われているのが、近年、CMで話題の「肝斑」です。肝斑を引き起こすと言われているのが、ホルモンバランスの乱れで、妊娠中とか出産(人間の出産の場合には、分娩と表現することもあります)後の発症率が高いことが判明しているのです。



また、肝斑をできやすくするもう一つの原因はピルの服用であり、完全に治すのは紫外線によるシミよりも難しいでしょう。


若いうちから肌に拘る人は、中々いないかも知れません。


どちらかといえば、肌に無頓着な人の方が多いようですが、スキンケアを全くしないで、まだ何のケアしなくても、若いうちは大丈夫と考えている人はいますか?でも、20代の肌だからといって、シワができないなんてことはありません。シワが発生する原因としては肌がうけてしまう、紫外線や乾燥などによる損傷なのですが、それに加えて、日々のダメージの蓄積が肌にとって大きな問題なのです。
沿ういうことですから、ハリのある健康な肌をできるだけ長くキープしたい場合は、できれば20代から毎日のスキンケアを積み重ねて欲しいと思います。透き通るような白い肌だったときに比べ、加齢と一緒にシミが増えるのは、焦ってしまいますよね。新陳代謝に優れた若い人立ちの肌を見ると、シミの「シ」の字も知らないような美しい肌で、化粧ノリの良さに羨望の眼差しで見てしまいます。

少しでも若い肌を維持するための努力は今からでも遅くないと頑張って、なんとしてもシミの増加を阻止しようと思っているのです。



シミになる原因といえば、UV対策の怠りや加齢によることが多いと聞くので、日焼け対策とアンチエイジングで肌の抗酸化をしていこうと思います。



適量のお酒は血行を良くしてくれるので、美肌効果も期待できるでしょう。また、酒粕はパックとして使え、くすみを消すのに良い沿うです。
市販の酒粕を細かくして、ボウルの中で水を加えてペースト状にし、ゆるめのペーストを作ります。貴方の好みの固さになるまで小麦粉を混ぜていき、ダマがなくなれば酒粕パックができるでしょう。ただし、アルコールに弱い方には勧められません。


メニュー

Copyright (C) 2014 スキンケアのスペシャリストになりますよ! All Rights Reserved.