肌をみたら、その人の年齢がなんとなくわかる気がし

スキンケアのスペシャリストになりますよ!
■HOME >> 肌をみたら、その人の年齢がなんとなくわかる気がし

肌をみたら、その人の年齢がなんとなくわかる気がし

肌をみたら、その人の年齢がなんとなくわかる気がします。肌ではナカナカサバは読めません。

パッと見てよくわかりやすいのは目の下です。
ここは細かいシワが出ますし、クマも出て、これがナカナカ消えません。


そんなこんなで年齢が進むに従い、この部位についての悩みをもつ人は、増える傾向にあります。それから、肌のハリ、ツヤが加齢とともになくなると、これがもれなくシワとして表れてきます。顔に限定してみますと、どこの部位にできたシワで悩む人が多いかというと眉間に走る縦線、目の周りの細かいシワや目尻にできる笑いジワ、それからほうれい線、このあたりがメジャーです。シワの原因をご存知でしょうか。これはいくつもあるのですが、一番大きいと考えらえれているのが乾燥になります。

水分不足で、肌が乾燥してしまうことで、これがシワの発生につながるのです。
目尻は皮脂の分泌が少ない部分です。


そのためここは他よりも乾燥に影響されやすいパーツであり、こうしてこの場所にいち早く、小ジワが出現してしまうのです。それにまた、年齢を重ねていくことにより、皮膚の張りを保つ役割をもつ、コラーゲンやヒアルロン酸が減っていくばかりですから、これによってもシワ、たるみは増えていくことになるのです。



ヨーグルトを食べると、乳酸菌はもちろん、ビタミンB、フルーツ酸などを摂取できます。乳酸菌は腸内環境を整え、健康で潤いのあるお肌を造ります。
ビタミンBはお肌の新陳代謝(衰えると体がだるくなったり、肌のトラブルなどが発生するでしょう)を盛んにする重要な栄養素です。


また、フルーツ酸は皮膚表面の角質層が緩んで、はがれていくようにする大切な作用があります。このような栄養素の摂取がお肌のシミやくすみ対策の効果を持っています。

シミ対策や美白に有効な食べ物だと言えるでしょう。

テレビに映る芸能人の肌はシミなどなく、まさに美しいと言えるでしょう。


とはいえ、人間であることに変わりはありませんので、実際のところは、お肌の悩みからは逃れられないのです。



もちろん、人前に出てこそのシゴトですので、一般の方とは比べ物にならないくらい、その問題には躍起になっているに違いありません。芸能人のスキンケア法にヒントを得れば、あなたのスキンケアがよりよいものになるはずです。身体の表面を覆う皮膚には、隅々に至るまで毛細血管が網羅しており、表皮や真皮といった皮膚を構成する全ての組織、細胞のひとつひとつに酸素と栄養を届ける大切な通り道であり、また、不要の老廃物を排出するための経路ともなっているのです。喫煙時、吸い込む煙にふくまれる化学物質の作用によって、全ての毛細血管は収縮してしまいます。



そうすると、最末端の微細な毛細血管は狭まって、栄養や酸素が通れなくなります。酸素や栄養が隅々まで運ばれないので、表皮の機能は低下し、皮膚のバリアとしての力は弱ります。表皮が弱ると、真皮の力も弱まります。
こうして肌は弾力を失い、肌の表面ではシワが増えていきますし、たるんでもきます。喫煙は、みずみずしい肌のためにはお薦めすることができません。
個人差はあると思いますし、これはあくまで私個人の主観ですが、シワが顔と一体化し、顔の一部になる年齢は大体38歳だと思っています。



なに知ろ、この年齢になると体の疲れはナカナカ消えてくれないし、目の下に横たわるクマとかほうれい線がなんだか急に顔の中で目たつ存在になってきたように思えます。

38歳以前は、肌が疲れているな、と感じても、適切にケアしてやれば次の日の朝にはすぐに復活を果たしていたはずでしたが、38歳を過ぎたらお肌の調子が整うまで、すごく時間がかかってしまい、ずっと疲れたままになっていることが増えてきたように感じています。



肌のくすみを引き起こすものとして、紫外線や肌の新陳代謝(衰えると体がだるくなったり、肌のトラブルなどが発生するでしょう)の乱れが挙げられるとも言われます。



乱れがちな肌の調子をよくしてくれる方法に、女性の間で人気のアロマオイルがあるでしょう。


特に、ターンオーバーに必要不可欠な新陳代謝(衰えると体がだるくなったり、肌のトラブルなどが発生するでしょう)の高まりに作用するネロリや、血行をよくしてくれるゼラニウムは、肌のくすみ解消にはもってこいです。マッサージ(血液の循環やリンパの流れが改善されます)に活用してみてもよいでしょうし、スチームを使用する際に、何滴かをたらして使用してみるのも手です。
三十路も半分まで来るとシミなるものが頬や手などに出現して、恐ろしい増殖ぶりです。
元凶はあれしか考えられません。
日光にふくまれる紫外線、それが私の肌を容赦なく焼いたのです。
子どもが生まれ、少し大聞くなって毎日のように一緒に近所の公園で太陽の下、思い切りあそびます。
早く出かけたい子供は自分の準備が終わるともう待てません。ぐずぐずしているとぐずりだして出かけられなくなってしまうことも。


とてもとても念のために日焼け止めをもつなんてできません。でも、いくら時間が無くても、日焼け止めくらいは塗らなくてはいけませんよね。後悔先に立たずですから。顔にシミができてくると、本当の年齢よりも年上に見られがちなものです。

歳を取るにつれて、傷の治りも遅くなり、ちょっとずつの日焼けが蓄積して残ってしまいますので、常日頃から日焼けには注意しなくてはなりません。キャップや日焼け止めなど、普段身に着けるもので紫外線を防ぐのはもちろん、アセロラ、ピーマンなど、多くのビタミンCを含んでいる食物を、意欲的に摂りましょう。近頃、お肌がくすんできてるなぁと思った方は洗顔方法が原因かもしれません。



メイクでもナカナカ隠せない毛穴にたまった角栓がくすみの原因なのです。
肌の生まれ変わりを妨げるような生活をしていると、肌の上に古い角質が残っていってしまうのです。普段の洗顔のポイントとしてあげられるのは、ぬるま湯を使い、肌をみずみずしい状態に保てるよう保湿成分のある洗顔料できめ細かい泡を立てて洗います。



週一回くらいは古い角質を取り除くことができるピーリング石鹸を使用するととても効果が期待ができます。

メニュー

Copyright (C) 2014 スキンケアのスペシャリストになりますよ! All Rights Reserved.