Skip to content

肌への良くない影響も出てくる

ストレス解消のために甘いものを食べてしまう方は要注意です。砂糖などの糖質が、お肌のくすみを引き起こしていることをご存じでしょうか。糖分とタンパク質(筋肉を作ったり、体の構成するのになくてはならない栄養素です)が結合することで、老化が加速してしまう糖化生成物に変化するのです。肌でコラーゲンが糖と結びつき、糖化物質ができていわゆる黄ぐすみになったり、シミの増加や、シワ、たるみを起こしたりする原因を招いてしまいます。できてしまった顔のしわは仕方がない、と諦めてしまう人は多いようですが、しわ取りテープという商品をご存知でしょうか。

貼りつけて気になるしわを取るしわ取りテープですが、実は以前、テレビでコスメ関連全般に造詣が深いとされる芸能人によって紹介されており、その人自身も愛用しているということした。顔の取りたいシワにテープを貼るだけなので、使い方は簡単でした。貼りつけている間は引き締まった気がして、いい感じらしいのですが、あまりにも長い時間貼り続けていたりすると、肌への良くない影響も出てくるようで、貼りつけた部位が赤くなったり、荒れてしまったりすることもあるようです。しわ取りテープを使ってみたら次々トラブルに見舞われた!なんてことのないよう、決められた使用方法はちゃんと守りましょう。保湿が十分で、潤いのある肌なら、シミもできにくい肌になります。肌の水分量が一定に保たれ、潤っていれば水分と油分がバランス良く保持されていて、きめの整った、なめらかな肌になっているのです。

潤ってきめが整うとバリア機能が高まって、紫外線で肌全体がダメージをうけるのを抑えているので、シミ予防の役割も果たしています。

保湿は欠かさず、乾燥を避けるように油断しないでちょーだい。肌荒れ防止の為には、洗顔を終えたら、即座に化粧水などを使って保湿をします。何を肌につけるのかは、肌質によっても違ってきますし、体調によっても違ってくるでしょう。毎日、化粧水や乳液、美容液(あまり頻繁に使いすぎると、かえって肌のためにはよくないという説もあります)を使っていくのではなく、肌状態とよく相談をするようにしてちょーだい。

日常的にいろんな保湿剤を用いると、本来お肌が持っている保湿機能が低下してしまいます。きめ細かい肌のきめを漢字で書くと肌理となります。

肌表面の模様が整然としている様子を表しています。日光に当たる部分と、当たらない部分の肌を比べてみましょう。全然年齢が違って見えるのではないでしょうか。キレイな肌というのは、溝と丘のバランスが良いうえ模様自体が細かいです。

逆に表皮の乾燥を繰り返してきた部分ではこの模様が大きくクッキリしています。肌を保護する表皮が弱まってくると肌の土台そのものが傷んでくるのは避けられません。土台が脆弱になると肌を支えられなくなり、やがてシワになっていくのです。若いうちから肌にこだわる人は、なかなかいないかもしれません。どちらかといえば、肌に無頓着な人の方が多いようですが、スキンケアを全くしないで、まだ何のケアしなくても、若いうちは大丈夫と考えている人はいますか?例え20代の肌であっても、お構いなしにシワはできます。シワがなぜできるのかというと、その原因は主に紫外線や乾燥が肌に与える損傷ですが、とりわけ、それらが日々積み重ねられていくというのがじわじわと肌に影響を与えます。そういう訳ですから、ハリのある瑞々しい肌を維持したいのなら、若いうちから日々コツコツと肌のケアを欠かさず行なった方がいいのです。

美しい肌の秘密をズバリ言うと、肌の水分をどれくらい保つかという点です。水分量が豊富ならばお餅のような肌触りとピカピカした弾力性のある肌になります。

手をかけてあげないとあっという間に蒸発してしまいます。化粧水で肌をたっぷりと潤したら、馬油クリームで思い切り膜を作ってあげるのが一番です。感じやすい肌の場合は、普通より弱い肌だと決め付けることはあれかもしれませんが、、お肌に抵抗が掛からず、なおかつ肌に合わせた化粧品で、お手入れをするということが大事です。気候やお年によって、肌の状態に違いが表れるのも、荒れやすい肌の悲しいところです。その時の肌のコンディションに合わせて、抜かりなくスキンケアをするようにしましょう。

肌が荒れてしまうといった肌トラブルは、いつ起こるのか予測できません。毎日、きちんとスキンケアを行いいても、いろんな原因で肌が荒れてしまいます。それなら、肌荒れが起こった場合の肌手入れは、どうすれば正解なのでしょうか?肌荒れが起こった時には、まったく化粧品を使わないようにする方もいますが、保湿だけはしっかりとする事が大事です。洗顔をする場合、ごしごしと洗うと乾燥肌にはたちまち傷がついてしまいますから、なるべく優しく洗顔するようにしてちょーだい。かつ、化粧水は手のひらにたくさん取り、手の温度でちょっと温めるようにしてから肌に塗りましょう。

温度と体温の差がせまいと浸透力がさらに高まってしまい、化粧水がより肌に浸透されやすくなります。