Skip to content

ハリのあるお肌を取り戻す

ドライスキンに悩む方のケア方法としては、化粧水を使って乾燥したお肌にたっぷりと水分補給をした後、乳液を使ってお肌の表面に水分を逃さないようにバリアーをします。それに、お肌の内側からも、しっかりと、水分を与えることが必要なので、一日の間にだいたい2リットルの水を飲んでみるように意識して心がけて頂戴。

きちんと保湿をして、ハリのあるお肌を取り戻しましょう。スキンケアには保湿を行うことが一番大事です。

お風呂に入ると水分が肌からどんどんなくなっていきます。そういった乾燥を防止するために、保湿液、乳液を塗った後には保湿クリームを使うことを御勧めしております。
ビオデルマ イドラビオトライアルキット

保湿クリームを夜の間に使うと朝まで潤いある肌が続き、メイクのノリも良くなります。毛穴のお手入れに大切なのはしっとりスキンケアのための保湿です。肌が乾いてくると肌がざらざらした感じになってきます。毛穴のケアにはまず顔を洗う事が大事です。ホイップクリームのように泡立て、優しく洗います。

また、3日おきに、ピーリングをすると肌の再生を助けます。そしてに水分量を増やし、角栓に潤いを与え、毛穴の修復をして頂戴。化粧水や乳液をつけないと、どうなるかというと、多くの人は肌が衰えていくことを頭に思い浮かべると思いますが、現実にはまったく別で意外と肌はげんきになります。化粧品の力というのは肌に負担をかけるので、それを使わないようにしてワセリンを塗るだけにするのが1番優しいスキンケアだと言えます。老化した肌にはシミがない方が珍しいことと言えるでしょう。それでも、何か改善できる手だてがないかと思ってしまうのが女心なのです。

私がやったシミ対策は、最初に試したのはビタミンC誘導体、次いで、ハイドロキノンを使用しましたが、とても満足とは言えず、今のところレチノールを主に使用しているのです。最終的に、シミを取り除くには、美容外科のレーザー治療に頼らざるを得ないのかも知れません。ベースとなる化粧品を使用する順番は人それぞれだと考えます。私は日常的に、化粧水、美容液、乳液のやり方でつかいますが、最初に美容液を使用するという方もいらっしゃいます。どの順序が一番個人のお肌に合っているお手入れ方法なのかは実際に試行してみないと判明しないのではないでしょうか。シミ・シワ・そばかすなどアンチエイジングの敵として乾燥はぜったい無視できないでしょう。

うるおいが不足してくると部分的に脂性になったり、シワがでやすくなります。目の周りは代謝が低くて皮膚も薄いため乾燥によってシワの基になるくすみが出やすく、小皺ができやすい部分と言えるでしょう。

年齢と一緒にヒアルロン酸(直接注射したり、ヒアルロン酸が配合された化粧品を使う他に、サプリメントで摂取する方法もあります)やコラーゲン(人体のタンパク質の約30%を占めているといわれていますが、単一のものではなく30種類以上あることがわかっています)も減少するので全体的に毛穴が目立ってきたり、シワやたるみが出やすくなるので、専用の対策品を使ったケアが必要になってきます。シミやそばかすといった肌トラブルを少しでも目立たなくしたいと思い、美容液(ビタミンC誘導体配合)をつけています。

いつもの洗顔をしてから、美容液を清潔な指先にちょっとだけ広げて、シミが出来てしまった部分にトントンします。使用を続けて一ヶ月ほどで、シミとそばかすが、少しずつ薄くなってきたと実感したため、とても嬉しいです。皮膚のトラブルで最も多いのは乾きによる問題ではないでしょうか。カサつきはとてもやっかいで、小じわが出来る持とになってしまったり、荒れた肌の原因になります。

そんな方にお勧めしたいのが、お風呂上りに化粧水をすぐつける事です。

肌が一番乾燥しているのはお風呂上りなので、10秒以内を目さして化粧水をつけるのがお勧めです。

常日頃、長風呂が好きな私ですがお肌の乾燥対策のために、いつも洗顔をした後は直ちに化粧水をつけてから、ゆっくりお風呂に入るひとときを楽しんでいます。

でも、真冬のシーズンは化粧水を使うだけでは入浴後の乾燥が気になるので、化粧水プラス保湿美容液も充分に塗って湯船に浸かっていますが、これを試すようになってから乾燥肌がだいぶ改善されつつあります。